Pocket

 

年齢を重ねるごとに深刻さを増す肌の乾燥。

「美容液やクリームでしっかり保湿しているのに効果がいまいち」

そう感じることがあるとしたら、それはクレンジングが肌に合っていないのが原因の一つかもしれません。

クレンジングは、美容液やクリームに比べるとつい適当なものを使ってしまいがちですが、実は肌の状態を左右する重要なアイテム。

乾燥に負けない肌をキープするためには、まずは「正しく落とすこと」が大切です。

40代の肌質に合ったクレンジングを選んで、年齢に負けない肌をキープしましょう。

40代向けクレンジングの選び方

ここでは、「これだけは押さえておきたい!」そんなクレンジング選びのポイントをご紹介します。

低刺激で皮脂を落としすぎないタイプを選ぶ

クレンジングと一口に言っても、クレンジングの種類は次のようにさまざまで、本来化粧の濃さに応じて使い分けるのが基本です。

しかし、年齢肌や肌の乾燥が気になる場合は、肌への刺激が少なく皮脂を落としすぎないタイプのものを選ぶことが大切。

中でも、40代の肌には、潤いを守りながら汚れもきちんと落とす「クリームタイプ」がおすすめです。

 

タイプ メリット デメリット 刺激 洗浄力
拭き取り どこでも手軽に使える 防腐剤や摩擦による肌への刺激 ×
オイル 洗浄力が高くしっかりメイクも落とせる 必要な皮脂・潤いを洗い流す ×
リキッド 洗浄力が高くオイルのようにべたつかない さらさらしているので肌への摩擦になる ×
ジェル 伸びがよくて肌への刺激が比較的弱め ハードメイクには物足りない
クリーム 伸びがいいので肌にやさしく低刺激 ポイントメイクが落ちづらい
ミルク 肌への刺激が弱い ポイントメイクやハードメイクは落ちきらないことも ×

 

40代の肌にとって理想のクレンジングとは、「洗浄力」と「保湿」の両方を兼ね備えたもの

オイルクレンジングやリキッドクレンジングは洗浄力が高く、アイメイクやしっかりメイクもきちんと落としてくれますが、界面活性剤が多く配合されているので脱脂力が強く、肌の必要な油分まで落として乾燥を進めてしまうことがあります。

クリームタイプなら、必要な油分を取り過ぎることなく適度な洗浄力がメイク汚れを落とし、肌への刺激も少ないため40代に最適というわけなのです。

また、ミルクタイプはクリームよりも低刺激なので、乾燥が特にひどい場合に使用するといいのですが、洗浄力が高くないためしっかりメイクやアイメイクが十分に落ちないというデメリットがあります。

ミルクタイプは、「普段化粧は薄いし、ポイントメイクもしていない」という方に向いているでしょう。

乾燥が気になる時は、できるだけナチュラルメイクで済ませて肌にやさしいクレンジングを使うようにしたいものです。

テクスチャーにこだわる

同じタイプのクレンジングでも、クレンジングによってのびの良いものとそうでないもの、さらさらしているものやこってりしているものなどテクスチャーはそれぞれに異なります。

のびの良いクレンジングなら、力を入れなくてもメイクを落とすことができ、肌への刺激を最小限に抑えることができますが、のびのイマイチなこってりしたものの場合、力を入れることで肌を刺激したり、皮膚がよれて小じわの原因になってしまうこともあります。

乾燥肌対策としてクレンジングを選ぶためには、できるだけ購入前にサンプルを手に取り、伸びのよさや使い心地などテクスチャーを試すことも重要なポイントです。

毎日使うものだから、納得のいくクレンジングを選びたいですよね。

値段

40代の乾燥肌には、ある程度良質なクレンジングを選ぶことが必要です。

安価過ぎるクレンジングは、界面活性剤が多く含まれているので油性のメイクをさっぱりと落とすことはできても、必要な皮脂まで洗い流されて洗顔後は肌がかさかさということにもなりかねません。

もちろん、高価過ぎては毎日続けることはできませんが、自分にとって続けやすい金額の範囲内でできるだけ良質なものを選ぶようにしましょう。

40代におすすめのクレンジング3選

乾燥が気になる時のクレンジングの選び方はわかったけれど、種類がありすぎてどれを買ったらいいのかわからないという方のために、40代乾燥肌におすすめのクレンジングを3つご紹介します。

クレンジングバーム ザ デュオ(D.U.O)

 

 

 

 

 

 

クレンジングバーム ザ デュオは、メイク落とし・マッサージ・洗顔・角質ケア・トリートメントの5つの機能を持つ5in1。「洗浄力」と「エイジングケア効果」の両方を兼ね備え、メイクはもちろん角質までケアできるのに、31種類もの美容成分が肌の潤いをキープしてつや・ハリのある肌を実現します。とろけるテクスチャーとアロマの香りでリラックス効果も。40代に一押しのクレンジングなのです。

  • 容量:90g(約1か月分)
  • 価格:通常3,600円 → 定期購入の場合初回のみ1,800円! 

管理人レビューはこちら

D.U.O.クレンジングバーム

トレフル(trefle)

 

 

 

 

 

メイク落としの時についついマッサージをしてしまいがちですが、クレンジングに含まれる界面活性剤が肌に必要な皮脂までどんどん奪ってしまいます。「毎日忙しいし、クレンジングとマッサージが一緒にできたらいいのにな」そんな夢を叶えてくれたのが、トレフル(trefle)です。

 

もちっと肌へ!クレンジングジェルのトレフル

サイクルプラス(Cycle Plus)

 

 

サイクルプラス

 クレンジングを見直せば肌は変わる

うるおいのある肌を手に入れるためには、与えることも大切ですが、まずは正しい方法で汚れをオフすることが最優先です。

「何をやっても肌がうるおわない」「化粧水の浸透が悪い」「肌のくすみが気になる」なら、ぜひクレンジングを見直してみましょう。

メイクや古い角質が落ちた肌は、化粧水や美容液の浸透がよくなり、くすみのない明るい肌を実感することができるはずですよ。